そよ風の吹く平日の夕暮れはひっそりと

テレビのインタビュー等で、「食欲」のことを尋ねられたら、アナタはどんなことを言う?「大工」って、人それぞれで印象が千差万別かもね。

雲の無い仏滅の午前に立ちっぱなしで

アンパンマンは、幼児に人気のある番組だけど、しかし大変暴力的だと思う。
話の終わりは、アンパンチといってぼこぼこにして話を終わりにすることがたいそう多く思える。
こどもたちにもたいそう悪影響だと思う。
ばいきんまんとその他が、そんなに悪いことをしていないときでも殴って解決する。
アンパンマンは、ばいきんまんを目撃したら、やめろと怒鳴りながらすぐにこぶしを突き出している。
理由を聞くわけでもない。
話をするわけでもない。
ただ、暴力で話を終わらせるからいつになっても変わらず改心せず、いつまでたっても同じ内容だ。
思うのだけれど原作は攻撃的でないかもしれないけれど、テレビ受けの内容にするためにそんなふうになっているのだろう。

怒ってお喋りする弟とファミレス
ひとり娘とのコミュニケーションをすると、子はとてもなついてくれる。
一歳までは、会社の業務がとってもあわただしく、見ることがほとんどなかったため、たまに顔をあわせても近寄ってくれなかった。
父親だけどとつらい気持ちだったが、会社の仕事がめまぐるしいからと甘んじずに、繰り返し、休日にお散歩に連れ歩くようにした、抱きしめても、お風呂でも笑ってくれるようになった。
最近、朝、家を出る時、私が行くことが悲しくて泣いてくれるのが幸せだ。

笑顔でお喋りする友達と私

友達の彼氏のSさんが経営する物産会社で、毎回紀州産の梅を使用した梅干しをオーダーしている。
アルコールが入ると電話をくれるSさんの可愛い後輩でアルEくんという男性は、ぜんぜん会話がかみ合ったことがない。
素面のときのE君は、わりと照れ屋らしくあまりたくさん話してくれない。
したがって、一回もE君とまともに会話をしたことがない。

熱中して踊る兄さんと夕焼け
このごろ、長編小説を読み進めることは少なくなったが、以前に北方さんの水滸伝にはまっていた。
別な作者が書いた水滸伝を軽く見た時は、粗末だと思い、われを忘れるほどはまらなかったが、北方謙三さんの水滸伝を読破したときは、興奮して、読み進めるのが止まらなかった。
会社の休憩中や帰ってからの夕食中、湯船の中でも読みあさって、1日一冊ずつ精読していた。
登場人物が血が通っていて、男らしい人物がとってもいっぱいで、そういったところにはまっていた。

陽気に泳ぐ兄弟と履きつぶした靴

観覧するために日陰がないところを長く歩く動物園は、盆近くは大変暑くてきつい。
友人夫婦とお子さんと私と妻と子供ともども連れだって観覧しに行ったが、たいそう日差しも暑くてしんどかった。
とても蒸し暑いので、チーターもトライオンも他の動物もめったに歩いていないしし、奥の日陰に潜んでいたりで、ほとんど見えなかった。
次回は、水族館などが暑い時期はいいだろう。
子供が幼稚園の年長くらいになったら夏期限定の夜の動物園や水族館も愉快だろう。

熱中して自転車をこぐ友達と月夜
ひえしょうにかかってからは、少しばかりヘビーだけれど、どう考えても寒い時期がマストだ。
外が乾いているので、パリッとした匂い、その上ストーブの温かさ。
真冬の日差しって豪華な気になれるし、一眼レフを持っていく、夕方の海岸も美しい。
季節感を出したかったら、良いカメラもいいけれど、トイカメラでめちゃくちゃ連写するのがなかなか味のある写真が発見できる。

無我夢中で体操する彼女と気の抜けたコーラ

昨年秋の誕生日、親友に貰った香水、強いフローラル系の香り。
合う香水を頭に置いて選んでくれた作品で、大きくないボトルでリボンがついているのがお洒落。
雰囲気も瓶も大げさに言っても華やかではない商品だ。
香水ショップにはたくさんの商品が並んでいたのだけど、ひっそりと置いてあった商品。
容量はほんとにちっちゃい。
小さくてシンプルでお気に入り。
外に出る時だけでなく、外へ仕事に出るときも手提げの中に、家で仕事をするときは机に必ず置いている。
なので、カバンは、同じ香り。
だいたいつけているため、そうでないとき「今日あの香りしないね」と気づかれる場合もたまに。
香水ショップでたくさんの香りを試してみるのは好きだが、この香水は今までの中で最高に気に入ったものだ。

余裕で熱弁する友達とよく冷えたビール
漁港の近くに私たちは、住んでいるので、地震の際の津波を親族が心配してくれている。
特に大震災後は、家がどのくらい海から離れているのかとか逃げるルートは周辺に存在するのかとか質問する。
俺だって怖いのだけれど、簡単に引っ越し先も見つかるわけではない。
だけれども、しかし、確かに高潮がやってくるとなった際に逃げのびるコースを確定していないといけないと思う、しかし、海の横しか近くに道がないので、あらためて考えたら危険だと思った。

一生懸命踊る兄さんと暑い日差し

さやかちゃんはルックスはおとなしそうに見られるようだけど、かなりアクティブな女性。
愛しの旦那様と、3歳のけんちゃんと、3人暮らしで、ミスドの向かいの一軒家に住んでいる。
パートも育児もしっかり行い、忙しいけれど、時間の使い方は上手い。
ちょっとでも時間があれば、今日暇?など絶対メールをくれる。
私は頻繁に桃ゼリーを買って、さやかちゃんのうちにおじゃまする。

勢いで自転車をこぐ友人と俺
江國香織さんの話に登場する女の人は、陰と陽を持ち合わせていると思う。
旦那意外との恋愛を肯定化する。
遊びと、運命的に大切に思っているのは旦那様だけのたった一人。
なんて女性が多々いるような気がします。
不貞行為を陰だとすれば、結婚生活は陽。
ふとした瞬間に別人が入ったように陰が現れる。
結婚以外での恋愛に関する価値観は置いておいて、その登場人物を研究する。
自分の中に新しい恋愛観や価値観が登場することもある。


PAGE TOP

テレビのインタビュー等で、「食欲」のことを尋ねられたら、アナタはどんなことを言う?「大工」って、人それぞれで印象が千差万別かもね。
Copyright (C) 2015 満月と草原とサイクロン All Rights Reserved.