「剣士」のことを特別に感じている人って、どれくらいいるのかな。過去の体験や思い込みなんかが、「ラーメン」と結びついてしまうことって、無きにしも非ずと思うんだ。

どしゃ降りの金曜の朝は散歩を

理由があって入用な竹をコンスタントにいただけるようになり、恩に着るのだけれど、モウソウダケが余計でどしどし持っていってほしがっている竹の持ち主は、必要以上にモウソウダケを取って帰らせようとするのでやっかいだ。
うんざりするほど運んで戻っても余ることになるのだが、竹が邪魔で邪魔でしょうがないらしく、持って行ってくれと強く求められる。
私もいるものをいただいているので、強く言われたら断れない。

悲しそうに体操する彼と季節はずれの雪
寝る前に、キリンビールを飲むのが楽しみになっているけれど、最近はそのあとにワインも飲んでいる。
もちろん、次の日に誰かと会うような仕事がない時に限るけれど。
家族と離れて暮らしていた時に、家の近くでワインショップを見つけて、父の日も近かったので購入したことがある。
私は若干見栄を張る癖があるので「1万円の父の日用のワインを探しています」などと話して。
家族に届けた、ワインが一万円することを耐え切れずに伝えると、父は気まずそうに「・・・うん、やはりそうだと思った!」と言ってくれた。
他には何もいう事は、なさそうだった。
そのことから、そんなにワインの質にこだわらなくなった。
あー幸せだと感じるお酒だったら、値段や質にはこだわらないと決めた。

汗をたらして自転車をこぐ兄さんと横殴りの雪

少年は、今日は学校の給食当番だった。
マスクと帽子を着け、白い割烹着を着て、他の給食係たちと、今日の給食を取りに向かった。
今日の主食は、お米ではなくパン。
バケツのように大きなフタつきの鍋に入ったシチューもあった。
少年は、最も重たい牛乳は、男子が持つべきだろう、と思っていた。
クラス全員分38本はかなり重い。
なので自分が、バットに入った38本の牛乳を持ったけれど、同じ給食当番のフーコちゃんが一緒に持って運んでくれた。
瓶入り牛乳は重いので女の子には運ばせたくなかったけれど、クラスでちょっと気になるフーコちゃんと教室まで一緒に歩ける、と思った少年は、少しドギマギしながら、何も言わずに2人一緒に牛乳を持つことにした。

そよ風の吹く木曜の午前は昔を思い出す
蝉も鳴かなくなった夏の日の晩。
少年は家の縁側に座って、スイカをかじっていた。
かじっては西瓜のタネを庭に向かって吐き出していると、ときどき種がうまく飛ばずに、自分の体に落ちたりしていた。
隣に置いているかとり線香の匂いと、うちわで扇ぐ暑い夜、それから口いっぱいの西瓜。
少年はそんな事を堪能しつつ、残りの夏休みはどんなことして遊ぼうか、と思っていた。

どんよりした週末の深夜は座ったままで

「夕飯はカレーよ。」
少年は母親のその言葉を耳にして、思わず顔をほころばせた。
少年は学校から帰宅して、ソファーに寝転がってダラダラとテレビを見ているところだった。
今日は西日が強い。
窓辺では風鈴が思い出したようにチリリンと音を立てていた。
テレビのアニメチャンネルでは、昔の懐かしいアニメをやっていた。
今日は「一休さん」をやっていた。
こんなにも頭が良い坊主がいたら、テストは満点取るんだろうか、と少年は感心していた。
だけど、お鍋からカレーのいい匂いが漂ってきたとき、少年は一休さんのことなんて考えてはいなかった。

熱中して泳ぐあなたと冷たい肉まん
近くのスーパーマーケットで買い出しをしていた。
冷凍食品の部門でチャーハンを探していた。
いろいろ見ていたら、ハングルで書かれた品を発見した。
良く見ると、韓国のおもち、トッポギだった。
この秋、ソウルへ向かった時に、何度も韓国に旅している友人にごり押しされたのがトッポギ。
日本で冷凍食品になって、韓国のトッポギが発売されてるなんて、驚きだった。

控え目に泳ぐ兄弟と季節はずれの雪

学生のころよりNHK教育テレビを視聴することがたくさん増えた。
昔は、父親や叔父が見ていたら、民放の番組が見たいのにと考えていたが、このごろは、NHKを見てしまう。
楽しいものがたくさん少ないと考えていたのだけども、近頃は、おもしろいものも増えたと思う。
それから、バラエティ以外のものも好んで見るようになった。
また、攻撃的でないもの番組や子供に悪影響がめちゃめちゃ少ない番組がNHKは多いので、子供がいる現在は見やすい。
NHK以外では、アンパンマンですらたいそう攻撃的に見える。
毎週ぼこぼこにして終わりだから、子供も真似するようになってしまった。

余裕で踊るあの子と読みかけの本
昔、二十歳の時に、友人と3人で飛行機で釜山に観光に行った。
初めての国外で、ロッテホテルにちょっとだけ滞在だった。
メインストリートを結構見学して、楽しんでいたけれど、途中で道に迷ってしまった。
日本語はもちろん浸透していないし、韓国語も少しも通じなかった。
迷っていると、韓国人のお兄さんが、流暢な日本語で戻る方法を伝えてくれた。
働きはじめる前に東京にて日本文化の学習をしたという。
そのことから、安全に、順調な旅を続けることが可能になった。
次の日、駅で道を案内してくれたその人に偶然出くわした。
「またおいで」と言ってくれたので、みんな韓国が好きな国になった。
いつも有給は韓国への旅が計画されている。

汗をたらして踊る兄弟と飛行機雲

チカコのアパートのベランダで育てられているミニトマトは、不運なトマトなのかもしれない。
枯れる直前まで水分をあげなかったり、好奇心でお茶を与えてみたり、オレンジジュースをあげたり。
大分飲んだ私と彼女に、日本酒を与えられたこともあり。
育ての親である彼女は、次回絶対トマトジュースを飲ませたいらしい。
もうトマトの気持ちは完璧に無視。

ノリノリで自転車をこぐ妹とわたし
私は、小学生のころから高校生まで心から学ぶという事をしていなかった。
周りが集中して勉強していても、私は言われた通りの事をひたすら行うといった感じだったと思う。
しかし、大学に入ってから自分の興味のある分野の勉強に変わると、内容がスムーズに頭に入るようになった。
そして、入社し、見習い期間を経て本格的な業務になると、どうしても何も言わずに勉強せざるを得なくなった。
楽しくないなど考える間もなく、なにがあっても知識を取り入れる時期が続いた。
勉強続きの期間をしばらくすると、急に学校時代にしなかった学習を見直したいと考えるようになった。
今では、同じように考えている人が周りに何人もいる。

関連サイト・お役立ちサイト紹介


一人暮らし 引っ越し 比較
一人暮らしの引越し、安く済ませたいならココ。無料一括見積比較で、複数の引越し会社さんの金額を比較しよう。
薬剤師 調剤薬局 求人
薬剤師の求人を調べるならこちらがおすすめです。転職しようと考えている薬剤師さん、就職先を探している薬剤師にピッタリのサービスサイトを紹介します。
過払い金の計算・診断を相談
過払い金の返還請求をしようと思っている方にオススメの相談所紹介です。過払い金の診断や計算、そして相談なら、専門家へ無料相談してはいかがでしょう?

PAGE TOP

「剣士」のことを特別に感じている人って、どれくらいいるのかな。過去の体験や思い込みなんかが、「ラーメン」と結びついてしまうことって、無きにしも非ずと思うんだ。
Copyright (C) 2015 満月と草原とサイクロン All Rights Reserved.